MENU

衝撃の全身脱毛体験談〜モスマンと呼ばれたわたくし〜

モスマン氏・28年齢・会社員

 

 

衝撃の全身脱毛体験談〜モスマンと呼ばれたわたくし〜
「モスマンが出たぞー!!!」

 

あたいは他のマミーよりすこしだけ手のヘアが濃かったので、

 

小学生の辺りからダディにモスマンという仮名を置きられて毎日からかわれていました
手だけでなく、ほかのムダ毛も疎ら濃かったと思います。

 

ちなみにモスマンとはアメリカに古くから染み渡る未実証生き物のため、
空中に突然現れては突然失せる、神出鬼没のカラダ毛むくじゃらの怪人だ。

 

当時は物心ついていなかったので、からかわれても、愚か者にしたダディの股間を蹴り飛ばしたりして、
あまり考えにはしていませんでした。

 

女性たちも一緒にダディに言い返したりしてくれて、
特にいじめられてあるという自覚も無く、そのまま地元の公立中学校に進学しました

 

 

 

中学でモスマンを待っていた、過酷な天命

中学校2年代くらいから、あたいはダディからあまりモスマンと呼ばれなくなっていました

 

ダディも段々色彩気づいてきたのかな、とかポジティブに考えていたのですが、そんな生じる日
ものすごい驚きをうける事柄に遭遇してしまいました

 

部室に忘れものを取りに行った一瞬、まだ同級生の女性が残って演説をしていました。

 

あたいは不愉快予感がして、少し立ち聞きしていました。

 

 

衝撃の全身脱毛体験談〜モスマンと呼ばれたわたくし〜
「モスマンよっしゃ、また毛深くなってない?」
「心底危ういよね?やつ剛毛すぎでしょwww」
「ところでさ、こないだやつが前転したマットによっしゃ、めっちゃヘアが落ちてたんだけどwww」
「心底?www超受け取るwww最早マンモスじゃねwwwモスマンじゃなくてwww」

 

あたいは我慢できなくなって、その場から一目散に、投げ出すように走り出しました

 

すべて表立って馬鹿にするのではなく、陰で私のことをないがしろにしていたのです。

 

分隊だと信じていた女性までも、私のことを愚弄の目で見ていたなんて・・・
さすがの私も、それから2−3日、ランチタイムをろくに食べられませんでした

 

あたいはそれから自尊心をすっかり失い、部活にも取り組むことができなくなり、レギュラーの座を奪われ、ぱっと諦める中学やりくりを送りました。

 

「田舎の陰湿で閉鎖された人間関係の中では運命あたいはモスマンの通りです。」

 

あたいはこの人たちと縁を切りたかったので、勉強して都市のハイスクールに進学しました

 

 

 

毛深いからライフスタイルがうまくいかない・・・?モスマンを苦しめる呪縛!

そこではもう私のことをモスマンと叫ぶ人類もいなくなり、からかわれることもありませんでしたが、私の傷ついた心は癒えませんでした

 

大学生になってもロマンスに対して積極的になれず、引きこもりがちな生活を送っていました。

 

アルバイトと持ち家とカレッジを往復始めるだけの平凡な毎日

 

しかし、起こる日、ふと電車のつり革張り紙を目にします。

 

全身脱毛、月額9600円が初月収タダ・・・?」

 

それはキレイモの全身脱毛の張り紙でした。

 

脱毛サロンのことは聞いてはいたのですが、自分の体調にレーザーを当てるのが怖くて、痛みがないと分かっていても二の足を踏んでいたのです。

 

あたいはずっと悩みました。

 

 

 

 

 

度胸を出したモスマンは道を切り開いて出向く!

どうしよう・・・痛かったら・・・サロンの人類に素肌を見せつけるの後ろめたいし・・・知り合いに見られたらいやですな・・だいたい金額だって加わるし・・・・」

 

あたいはそんなことを考えながら居酒屋でアルバイトをしていました。
悪徳地だったのでもちろん客間にはあたいしかいません。いわゆるワンオペだ。

 

あわただしい労働をこなしながら、私の頭の中は、脱毛サロンに行くべきか、昨日電車でみた張り紙でいっぱいでした。

 

そんな時、

 

モスマンとかなにしてんかなあ

 

「えッ?」

 

おそるおそる声の方をみると

 

若々しいヤンキー風の夫人が喫煙をふかしながら、4人類イベントに座っていらっしゃる。

 

間違いありません、あたいを陰で馬鹿にしていた、中学校の同級生だ。

 

「あー、いたねそういう方」
「やつほんと毛むくじゃらだったよな、毟ってやればよかったわwww」
「まじやばかったよねー、あの毛深さはマジモスマンって先入観だったわwww」

 

あたいは仕方の震えがとまりませんでした。

 

「すいませーん!ビールくださーい!」

 

あたいは揺れる仕方を抑えました。手の甲を見ると、濃い産毛が生えていました。

 

「おーい!ビールのおかわりまだー?」
「おい、なにこういう居酒屋まじありえない」
「おーい!!!」

 

あたいはビール瓶を掴み、足早に女房たちに差し迫ると、そのままビールの栓を開けて女房たちをビールまみれにしました

 

エプロンを垂らした通り、あたいは居酒屋から抜け出しました。

 

もうやめよう。止めることは。このまま変わらずにいれば、運命あたいはモスマンの通りです
まっ最中みたい決断したあたいは、

 

翌日度胸をだして最寄のキレイモに足を運びました。

 

もちろん疼痛も無く、やり方もすぐ終わったので、突然アルバイトの挑戦が入ったり、講義の打ち上げがあっても大丈夫でした。
キレイモの全身脱毛は所が多いので、毎月伺うだけでカラダすべての業者を脱毛してくれます
おまけに減量脱毛というスリムになるサロンのようなファクターも起こる献立もあり、

 

 

 

いくぶんか綺麗になったような考えがしました

 

衝撃の全身脱毛体験談〜モスマンと呼ばれたわたくし〜
キレイモのおかげでみるみる私の体調はカラダテカテカになりました。

 

もう私のことを毛深いと想う人類はいません。

 

いないどころか、

 

素肌佳麗ですね。」

 

とか言われたり、

 

「どうやってお手入れしているんですか?」

 

などとあたいにアドバイスを求めて生じる人類もいらっしゃる

 

それからあたいは引け目から解放され積極的になりました。
就活をして大地にキャリアし、今ではそこで知り合った夫とブライダルを前提にお付き合いしています。

 

 

衝撃の全身脱毛体験談〜モスマンと呼ばれたわたくし〜
これも総合あの拍子度胸をだして脱毛サロンに足を踏み入れたからだ。

 

もう私のインサイドのモスマンは死にました。

 

これからは独力の人間として生きていきたいだ。